親が子どもに野球を教えるときに悩まないためのたった1つのポイント

・子どもに野球を教えたいけどどうしたらいいか分からない
・教えたとおりに子どもが動けなくてイライラしてしまう
・もっと早く上達させてあげたい!

こんなお悩みをお持ちの方に向けて、元小学校教諭×野球教室コーチの私が野球の教え方をお伝えします。

結論:『正しい動き』を教える必要なし。

子どもは遊びの中で自然と自分に合った動きを獲得していきます。

元巨人の桑田真澄氏の動画も参考にしながら、詳しく説明していきます。

子どもに野球を教えるときに、『正しい動き』を教える必要がない理由

多くの親がやってしまいがちなことですが、子どもに野球の正しい投げ方や正しい打ち方といった『正しい動き』を教えようと頑張りすぎていませんか?

実は『正しい動き』を親が教える必要はないのです。

理由1:大人と子どもの『正しい動き』は違うから

一般的に考えられている『正しい動き』はプロ野球選手などの上手な大人を見本にしています。必ずしも子どもにとって『正しい動き』ではないのです。

例えば一般的に右手で投げるときは左足を前に踏み出しますが、子どもの発達の段階によっては右足を踏み出して投げる段階もあります。

発達の段階によって『正しい動き』は違うのです。

<参考>

(公益財団法人日本スポーツ協会 動作の発達段階の特徴)

引用:https://www.japan-sports.or.jp/portals/0/acp/shidousya_behavior.html

子どもと大人では体のサイズもバランスも筋力も違います。

親が考える『正しい動き』をマネさせようとしても、子どもにとっては不自然で無理な動きであることが往々にしてあります。

親が教えようとしている『正しい動き』が実は子どもにとっては『正しい動き』でない場合があるのです。

理由2:子ども自身の体が『正しい動き』を知っているから

私が教えている野球教室に、まだグラブさばきが上手ではなく、お腹の前でしか捕球できない2年生の子がいます。少し高めにボールが来ると、左足を下げて半身になり、お腹の前で捕球します。

大人から見ると、「グラブをもっと上手に動かしたら下がらなくても捕球できるよ」と教えたくなりますが、実はこの動き、元巨人の桑田真澄氏や元中日の井端弘和氏といった守備の名手が推奨するような捕球法なのです。

桑田氏「正面は空間」(05:12あたりから解説しています)

井端氏「おへその前が正面(体の向きで色んな場所を正面にできる)」(05:13あたりから解説しています)

2年生の子は教えられて『正しい動き』を身につけたわけではなく、お腹の前でしか捕球できないから自然と体がそう動くようになったのです。

人間の体はよくできていて、どうしたら今の体の状態で効率的・効果的に動けるかということを体が本能的に知っているのです。『正しい動き』を教えなくても自然と体に合った動きが引き出されてくるのです。

親が子どもに野球を教える場合、『正しい動き』に囚われる必要はありません。

「きっと子どもは自分で自分に合った動きができるはず!」と信じて一緒に楽しく遊ぶ機会をつくることで、十分に子どもの発達を伸ばすことができます。

『正しい動き』を教えなきゃ!という呪縛から開放されると、悩む必要がなくなってきます。

親が教えていきたいのは上達する楽しさ

では親は子どもに何をしてあげたら良いのでしょうか?

それは、

子どもの成長を一緒に喜び、上達する楽しさを教えること

です。

「昨日より遠くに投げられたね。」
「1ヶ月前よりかっこいい投げ方になったね。」
「1年前より球が速くなったから、ボールを捕る手が痛いよ。」

以前と比べて上達したところを見つけ、一緒に喜んでください。

親が喜んでくれると子どもは喜びますし、もっと上手になりたいという意欲が湧いてきます。

その意欲が更なる上達へとつながっていきます。

親は子どもの成長を誰よりも長く一緒に喜び合える一番のファンでありサポーターです。

どんなに優秀なコーチでも親より長くサポートし続けることはできません。

子どもの上達のために技術的なことを教えてあげたい気持ちは十分に分かりますが、まずは子どもの様子を見守り、記憶や記録に残していきましょう。

写真や動画を撮るのもいいですね。

そして、気づいたことや感じたことを素直に伝えてあげましょう。

それが子どもの野球上達への一番の近道です。

まとめ:親が子どもに野球を教えるときに悩まないためのたった1つのポイント

『正しい動き』を教える必要はありません。

一緒に遊びながら子どもの成長を信じましょう。

長い目で見て子どもと成長の喜びを分かち合える親は、どんな優秀なコーチにも負けない最高のパートナーです。

専門的な指導をご希望の方へ

当法人は大阪府豊中市で初心者の子どものための野球教室を実施しております。
専門家に指導を任せたいという方はぜひお問い合わせください。

親が子どもに野球を教えるときに悩まないためのたった1つのポイント” に対して2件のコメントがあります。

  1. 大井輝衞 より:

    3年生の甥っ子が1年生より少年野球チームに入ってます。セカンドやショートをやっています。コーチから守備の指摘(ランナーがいた時のベースに入り方)や自分がランナーで出塁した際にリードなどについても第二リードなどについて指摘を受けています。何度言っても覚えることが出来ないので困っています。どうしたら理解してくれるのか悩んでいます。
    どうか良い理解の方法についてアドバイスをお願いします。

    1. hokusetsu-BA より:

      コメントいただきありがとうございます。
      甥っ子さんが守備や走塁の動きが覚えられなくてお困りなのですね。

      3年生でショートやセカンドをやるということは、捕球や送球が上手で、器用な選手なのだと思います。
      「他のプレーは上手なのに、何で決まった動きが理解できないのか!」
      という想いが悩みを深くしているのかも知れませんね。

      コメントの文面からしか分かりませんが、まず、子どもに求めているプレーの水準が小学3年生にしては少し高いのかなと感じます。

      守備でベースへの入り方(ゲッツーや牽制の場面ですかね?)や第二リードなど、レベルが上がると確かに差が出てくる大切なプレーです。
      ですが、果たして3年生で必ずできなくてはならないプレーでしょうか?

      コーチに指摘されたら「できるようにならなくちゃ」と焦りを感じるかも知れません。
      なかには3年生でも理解する子もいるかも知れませんが、何度言ってもできないのであれば、恐らく甥っ子さんにとって「今は」そのプレーを習得する時期ではないのだと思います。

      まずは落ち着いて、
      「今すぐにできなくても大丈夫」
      ということを受け入れてみてください。
      そうすると、心が軽くなり、悩みも軽くなります。

      その上で、プレーを理解するためのヒントもお伝えしておきます。
      それは、プレーが「必要に迫られる」場面に直面することです。

      例えば、試合で何度も何度も三盗を決められて負けてしまったとします。
      そのことを(コーチに怒られるからではなく)甥っ子さん自身がくやしがり、
      「もっと盗塁を防ぎたい!」
      「どうしたら盗塁されなくなるんだろう?」
      ということを考え始めたら、牽制を学び始めるチャンスです!

      子どもは具体的な場面で必要に迫られた時に必要なことを学びます。

      「どうして?」と疑問を感じ、
      「こうしてみたら?」と検証して、
      「わかった!!」と納得して理解するのです。

      大人は子どもを思うあまり、つい、「とってもいいプレー」を教えたくなってしまうのですが、
      一度、子どもの視点に立って、今、子どもが「困っていること」は何かな?
      ということに目を向けてみてください。
      そうすると、子どもが今、学ぶべきことが見えてきます。

      子どもができることを1つずつ増やしていくのを見守るのは大きな喜びです。
      甥っ子さんが野球好きでうまくなりたい気持ちをもっていれば、高度なプレーにチャレンジしたくなる日が必ず来ます。
      今は焦らずに1つずつステップアップしていくのを一緒に楽しんでいただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です