理念

大阪の北部、北摂(ほくせつ)エリアにお住まいの皆様に対して、野球教室やイベントなどの事業を実施することを通して、より良いスポーツ環境を提供することを目標に活動しております。

理事長あいさつ

 2019年3月5日にNPO法人として認証を受け、北摂ベースボールアカデミーの活動がスタートいたしました。

 現在、野球教室事業と野球イベント事業の2つを大きな柱として事業を進めております。

 野球教室事業では、主に小学校低学年の子どもたちを対象に、初めて野球をやる子どもたちが無理なく、楽しく野球ができる場を提供しています。
 また、子どもたちを教室に通わせる保護者の皆様にとって負担の少ない教室になるよう、野球道具は全て教室で準備し、ユニフォームなどの販売もしません。保護者の当番や週末の遠征試合などもなく、経済的、時間的負担を極力減らし、子どもたちを無理なく通わせ続けられるようにしています。
 安全対策として、AEDを常備し、万一心臓震盪が発生した場合でも迅速に対応できるように準備しております。他にも、熱中症対策のために経口補水液を常備したり、捻挫等の外傷に備えて氷嚢に氷をつめて用意しております。子どもたちが安全に野球ができることを第一に環境を整えております。
 当法人の野球教室は初めて野球をする子どもたちを対象としていますので、教室を通じて、もっと本格的にやりたくなったり、学年があがったりしたときには、近隣の少年野球チームなどをご紹介していく予定です。北摂エリアの野球情報を収集し、会員の皆様をはじめ、地域の皆様に発信していきたいと考えております。

 もう1つの柱である野球イベント事業では、野球を通した人と人との交流をテーマに事業に取り組んでおります。
 5月には親と子の交流をテーマに親子野球教室を実施し、12組30名の親子の皆様と一緒に野球を楽しむことができました。
 7月には国際交流をテーマにアルゼンチンの小学生と豊中ボーイズ(中学生硬式野球チーム)との交流イベントを実現いたしました。
 野球というスポーツを通じて、いろいろな人たちが交流し、つながりの輪を広げていくようなイベントを企画してまいります。そして、将来的には、北摂エリアに住む皆様が共通の話題として楽しめるような市町村代表チームによる軟式プロ野球リーグを創設し、野球に関わる人をもっともっと増やしていきたいと考えております。

 子どもたちをはじめ、多くの人たちが日常的に野球に親しみ、スポーツのよさを感じ合える社会をつくってまいります。
 多くの方々と一緒に夢をみて、夢を叶えていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

理事長 植松剛史

団体概要