運動不足解消に何から始める?

  • 最近なんとなく調子が悪い
  • 少し動いただけで息が切れる
  • 肩こりがひどい…
  • 1人でウォーキングしても続かない…
  • 続けられる運動ないかしら…

「運動しなくちゃ」とは思うものの、何から始めていいか分からないことありますよね。

はじめまして!野球スクールのコーチの植松です。
運動不足でお悩みの方に無理なく始められて、長く続けられる「女性のための野球スクール」をオススメします。

「なんで野球?」

と思いますよね。

ちゃんと理由があります!

運動不足解消に野球スクールがオススメな10の理由

  1. キツくない
  2. みんな初心者
  3. うまくなる楽しさがある
  4. 試合でアドレナリンがでる!
  5. 思いっきり打ってスッキリする
  6. 仲間が増える
  7. 肩こり解消になる
  8. 自宅でできる運動を学べる
  9. 毎週、体の調子をチェックできる
  10. 生涯に渡って楽しめる

たくさん理由はありますが、10個に絞って簡単に解説します。

1.キツくない

運動不足を楽しく解消することを目的としたスクールです。

野球をやっても怪我をしないように、60分間のうち20分間はストレッチや準備運動など、体の調子を整えるためにゆったりたっぷりと時間を使います。

決して「全国大会目指して厳しい練習に耐えよう!」というようなチームではありません。

そもそも対外試合はなく、集まったみんなで試合をして楽しみます。

2.みんな初心者

野球経験のある女性はほとんどいないので、みんな初心者です。

「投げれない」「打てない」当たり前です。

みんなできないところから始めるので、和気あいあいと始められます。

3.うまくなる楽しさがある

最初は「投げれない」「打てない」「試合のルールも分からない」ですが、できないことが多い分、うまくなっていく余地がたくさんあります。

初心者指導の専門のコーチが指導するので、無理なく確実に上達していきます。

ウォーキングなどの単調な運動では味わえない、「うまくなる」という楽しさが味わえるのが野球のいいところです!

4.試合でアドレナリンが出る!

野球スクールでは簡単なルールで楽しめる試合をします。勝負になるとやっぱり皆さん熱くなって自然と盛り上がります。

興奮する時にアドレナリンというホルモンが分泌されます。

アドレナリンには蓄えていた脂肪などのエネルギーを分解して消費しやすくする作用があります。

日常で興奮する機会はなかなかありませんが、野球をすることで自然とアドレナリンが出て、カロリー消費に役立ちます。

5.思いっきり打ってスッキリする

普段、何かを思いっきり打つことなどないと思います。何も考えずに思いっきりボールをかっ飛ばすだけでストレス解消になります。

「ボールが当たらない」という方も大丈夫。ラケットで打ったり、置いてあるボールを打ったりもできます。

広い野球場で思いっきりかっ飛ばしてストレスをふき飛ばしましょう!

6.仲間が増える

キャッチボールをするのもバッティング練習するのも1人ではできませんし、試合になるとなおさら仲間が必要です。

ヨガなどの運動でもお友達が増えるかもしれませんが、野球だと運動の最中から一緒に動いたりおしゃべりしたりするので、より自然に新しい仲間が増えていきます

1人だけで運動しようとしてもなかなか続かないことが多いですが、毎週会える仲間がいることで、仲間と楽しみながら運動を続けることができます。

7.肩こり解消になる

肩は動かせる範囲が広い関節です。

動かせる範囲が広いゆえ、関節が不安定になりやすいという特徴もあります。

なので、あまり動かしていない場合は関節を安定させるために筋肉が動く範囲を限定するように固くなってきます。これが肩こりの主な原因です。

野球では、日常ではまずやることのない「投げる」という動作をします。

投げるときには肩関節の可動域を目一杯使いますので、肩周辺の筋肉が刺激され、肩こり解消につながります。

また、投げる準備のために必要なストレッチや体操をコーチが指導するので、無理なく動かせる範囲を広げることができます。

8.自宅でできる運動を学べる

スクールの最初の20分間は体の調子を整えるストレッチや体操をやります。

そのほとんどが自宅でもできるものばかりです。

野球スクールで手軽で効果的な運動を学ぶことで、自宅でも気軽に自分で運動できるようになります。

9.毎週、体の調子をチェックできる

毎週、同じようなストレッチや体操を繰り返します。

はじめは硬かったり動きにくかったりするのですが、3ヶ月ほどすると最初と比べて明らかに柔らかく、動きやすくなります。

毎週参加することで、自分の体が変わっていくことを実感でき、自分の体の状態の良し悪しを自分でチェックできるようになっていきます。

10.生涯に渡って楽しめる

実は、道具を使うスポーツは生涯スポーツになりやすいという特徴があります。

生身の体で勝負する格闘技やサッカーやバスケなどは体力の低下がそのままパフォーマンスの低下につながってしまいますので、加齢による体力の低下の影響が大きくなります。

道具を使う野球やゴルフなどのスポーツは加齢による体力低下の一方で、熟練の技術が身についていくので体力低下の影響を受けにくくなります。さらに、道具を改良することでパフォーマンスを上げることもできます。

同じ道具を使うテニスと比べると、試合で使う体力も少なくて済みます。テニスはラリー中は走り回る必要がありますが、野球はどれだけ走ったとしても10秒ほどです。しかも試合の半分はベンチに座っていていいのです(笑)

生涯に渡ってプレーする楽しさを味わえる野球はオススメのスポーツです。

野球スクールで何をするの?

大きく分けて次の3つのことをします。
それぞれおよそ20分間ずつ、合計60分間のプログラムになります。

  1. ストレッチ・体操
  2. キャッチボール・バッティング練習
  3. 試合

1.ストレッチ・体操

主に肩関節・股関節の動きを良くしていきます。

どちらの関節も動かせる範囲が広い割に、日常生活ではあまり大きく動かす機会がありません。
ストレッチで動かせる範囲をチェックして、体操で無理なく動かせる範囲を広げていきます。

各関節の動きを良くしてから、腹筋とバランスのトレーニングをして、体全体の動きをよくしていきます。

トレーニングと言っても疲れ果てるまで追い込むようなトレーニングではなく、気持ちよく体に刺激を入れていくトレーニングです。
野球を無理なく楽しめるようにするとともに、日常生活でも楽に体が動くように体の調子を整えていきます。

20分間かけてゆっくり、じっくり体をほぐしていきます。

2.キャッチボール・バッティング練習

キャッチボールやバッティングといった野球のスキルを身につける練習をします。

野球をやったことがなくても、レベルに応じた適切な指導を受けることで確実に上達します。

練習の内容は単調な基礎練習ではなく、的を狙って投げたり、フェンスを越えるように打ったりと楽しめるように工夫したプログラムです。
楽しんでやっているうちにいつの間にか上達して、自然と運動量も確保できます。

3.試合

集まったメンバーの人数やレベルに応じて、みんなが楽しめるルールで試合を行います。

「野球のルールは難しくてよく分からない…。」

という方もすぐに楽しめるルールを用意しています。

新しいルールは、みんなでそのルールの使い方を練習してから取り入れます。
少しずつ野球のルールの理解が深まり、プロ野球や高校野球を観戦する楽しさも深まります。

いくらかかるの?

1回990円

参加した分だけクレジットカードで後払いです。

子どもの学校の懇談や参観といった予定が入ると思いますが、お休みする分の料金はかかりません。

その他でかかる費用は年間保険料1,850円のみ。

入会金、用品購入代など一切ありません。

しかも、初回は無料で体験していただけます!

場所や時間は?

大阪府豊中市にある千里北町公園野球場で毎週火曜日午前10時から11時の1時間開催しています。

場所

豊中市千里北町公園野球場

〒560-0081
豊中市新千里北町1-23-1

公園の奥側に緑のフェンスに囲まれた野球場があります。

無料駐車場が約6台分あります。(駐車区画は区切られていませんので、スペースが空いていたら駐車できます。)

開催予定日

8月

3日(火)10時~11時
17日(火)10時~11時
24日(火)10時~11時
31日(火)10時~11時

10日(火)はお休みです。

用意は?

動きやすい服装に動きやすい靴を履いていただき、帽子をかぶってご参加ください。
屋外ですので、日焼け止めなどの紫外線対策をおすすめします。

水分補給のための飲み物のご用意もお願いします。

野球の道具は無料で貸し出しますので、必要ありません。

雨の場合はどうなるの?

お休みになります。

中止の場合は、当日の朝8時頃にメールでご連絡します。

どうやって始めるの?

下の無料体験お申込みフォームから希望日、お名前(よみがな)、メールアドレスを入力して送信するだけ。

あとは、当日、動きやすい服装でご参加ください。

グローブやバットなどの道具は全て無料で貸し出しますので、何も準備しなくて大丈夫です。

無料体験お申込み

無料体験希望日 <必須>

※8月10日(火)はお休みです。

お名前 <必須>

よみがな <必須>

メールアドレス <必須>

コーチに伝えておきたいことがありましたらご自由にお書きください。

プライバシーポリシー

 <必須>